【iPhone】聖剣伝説2:500円のセールです。
セール確認時刻:2014年03月20日03時
有料アプリ:総合24位です。
聖剣伝説2 App
カテゴリ: ゲーム
価格: ¥400


聖剣伝説2の説明


◆聖剣伝説RISE of MANA配信記念セール開催中!◆
シリーズ最新作『聖剣伝説RISE of MANA』の配信開始を記念して、
シリーズ屈指の名作『聖剣伝説2』をセール中!

【価格】¥900→¥400

3/20 0:00頃から3/26 23:59頃までの期間限定なので、
今すぐこの大ヒットRPGをダウンロードして、
マナの力を巡る冒険へ出よう!

『聖剣伝説2』は1993年8月6日にスーパーファミコンで発売され、当時まったく新しいシステム「モーションバトル」をとり入れて人気を博しました。コマンドバトルの戦略性をリアルタイムかつシームレスに、誰でも爽快に体験できるRPGです。
『聖剣』シリーズの特徴的なシステムの1つが「リングコマンド」。ボタンを押すとメニューが画面にリング型で表示され、画面を切り替えずにアイテムを使ったり、武器を変えたりできる、便利なシステムです。このリングコマンドは『聖剣伝説2』で初めて登場し、後のシリーズにも受け継がれていきました。
プレイヤーは主人公のランディと仲間のプリム、ポポイの3人を動かして、さまざまなフィールドを冒険しながら、物語を進めていきます。物語のカギとなるのは、目に見えない強大な力、「マナ」。マナの力を狙う帝国軍との戦いや、自然の力をつかさどる精霊たちとの出会いなど、彼らの冒険の行く手には、数々のドラマが待っています。

評価

星:3.5
レビュー数:851

レビュー

「こんなの思い出補正をもってしても出来ないわ」

「追加画像もありますが、ほぼ全て当時のままのドット絵で楽しかったです。
聖剣シリーズは音・ストーリー・絵、全部大好きなので改めてプレイできて嬉しかった。
ただ、BGMのループに不自然さが目立ったり、なぜか急にBGMが途切れてしまったりと、なんだか音楽が不遇。ラスボス戦真っ最中に曲が途切れたのには流石にがっくりきました。
それから、ごくたまに、スーファミ本体をガタンッとやっちゃったときのようなフリーズも起こります。オートセーブ機能があって本当に良かった。

操作性は確かに良くないです。十字キーが動かしにくい。
その他の操作についてはそんなに不満はないですが、RPGにおいてキャラクターの移動がし辛いのはプレイヤーにとってキツいかもなぁと。

でもやっぱり面白かった。
ぜひ聖剣伝説3を、もしできるのならLegend Of Manaもアプリにしていただきたい。」

「他の方が仰られている通り、操作性に関しては、慣れればまず快適だと思います。
内容に関しても、元の作品を知っている方が大半だと思いますので、控えます。
アプリケーションの強制終了は時たま発生しますが、オートセーブがあるのでそこまでダメージは大きくありません。
下の方が仰られているとおり、こちらでもBGM消失、重度の処理落ちが発生しました。
発生状況は、マンテン山フィールド中、ジンがレベル4に上がった直後です。
iphone5は不安定なのかな…
iphoneのアプリとしては安いものではないですし、ゲーム自体も思い出補正があいまって非常に楽しいですので、もったいなく感じます。
こちらに関しては、出来れば修正して頂きたいです。

追記:BGMの不具合は、端末を再起動することで解消しました。
端末側の不具合なのかもしれませんね。」

最近の価格変動

2014年03月20日:400円
2014年01月06日:900円
2013年12月20日:400円
2013年10月19日:900円
2013年07月19日:800円

有料時のランキング

2014年03月21日00時:24位
2014年03月20日21時:45位
2014年03月20日18時:49位
2014年03月20日15時:75位
2014年03月20日12時:110位
2014年03月20日09時:139位
2014年03月20日06時:150位
2014年03月20日03時:242位
2014年03月18日21時:271位
2014年03月18日18時:242位
2014年03月18日15時:243位

No comments yet. Be the first to leave a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


3 × = 十八

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

^