【iPad】Genius Scan+:400円のセールです。
セール確認時刻:2014年06月11日15時
有料アプリ:総合240位です。
Genius Scan+ App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥100


Genius Scan+の説明

Genius Scan+がお持ちのiPhoneをポケットスキャナに変身させます。外出先で素早く書類をスキャンし、それをJPEGまたはPDF形式にて電子メールで送信することが出来ます。

Genius Scan+は、電子メールの他に:
- Box、Dropbox、Evernote、 Expensify、Google Drive、SkyDriveにも簡単にアップロード出来ます
- AirPrintに対応
- 広告なしのカスタム署名が電子メールに付きます

Genius Scan+のスキャナ技術にはスマートページ検出、歪み補正、読み取った画像に対する処理機能が付いています。複数のスキャンを合わせて1つのPDF書類を作成することが可能です。

まだ納得していませんか? Genius Scanは800万人以上に利用されています。Genius Scanは、世界中の殆どすべてのアプリストアでApple社によって紹介された、トップ10に入るアプリです。ドイツでは「今週のアプリ」に選ばれました。

では、主な機能を示します。(すなわち、このスキャナとカメラの違いです。)
- ページ枠を検出し、歪みを補正します。
- カラーまたは白黒対応の画像処理によって、スキャン像を高品質化します。
- スキャン像をJPG形式にて電子メールで送信できます。
- iBooksやPDF形式を読める他のアプリに対し、書類をエクスポートできます。
- スキャンしたものをツイッターで共有できます。
- AirPrintを用いて書類を印刷できます。
- 書類をBox、Dropbox、Evernote、Google Docsにエクスポートできます。
- 貴方の経費報告書をExpensifyに送信することができます。
- Wifiを通じて書類を共有し、貴方のコンピューターから簡単にアクセスできます。
- 書類はiPhoneで処理され、第三者のサーバーに送られることはありません。

Genius Scanをユーザーがどのように使っているか、興味がありますか?
- スキャナが手元に無い時に、印刷した書類を手早くスキャンする
- 大学で、ホワイトボードの写真を撮る
- 外出時に、出費レシートの記録を取り、それをExpensifyに送信する
- コピー機が無い時に、コピーを取る
- 手書きメモを保存したり、それを同僚と共有したりする
- 料理を作った後に、完全なレシピを保存する
- 手書きメモや本のページを、今後の参考のために保存する
- 良いレストランのメーニューをTwitterで共有する

Genius Scan+はGenius Scanとは異なり、広告が無く、Box、Dropbox、Evernote、 ExpensifyやGoogle Docsにアップロードすることが出来ます。

リンク先:
- スクリーンキャスト: http://www.youtube.com/watch?v=bkSidc-j8-I
- ウェブサイト: http://www.thegrizzlylabs.com
- ツイッター: thegrizzlylabs
- サポートとコメント: support@thegrizzlylabs.com

評価

星:4.5
レビュー数:50

レビュー

日本でのレビューはありません。

最近の価格変動

2014年06月11日:100円
2014年02月23日:500円
2014年02月22日:100円

有料時のランキング

2014年06月12日00時:240位
2014年06月11日18時:226位
2014年06月11日15時:207位
2014年02月23日18時:297位
2014年02月23日15時:264位
2014年02月23日12時:225位
2014年02月23日09時:213位
2014年02月23日06時:201位
2014年02月23日03時:177位
2014年02月23日00時:165位
2014年02月22日21時:264位

No comments yet. Be the first to leave a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


7 − = 四

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

^