【iPad】スマートセーフPro:300円のセールです。
セール確認時刻:2014年06月10日21時
無料アプリ:総合56位です。
スマートセーフPro App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥0


スマートセーフProの説明

「本日のアプリ」で今日だけ無料に!
「本日のアプリ」をダウンロードして、24時間ごとに有料アプリを0円で手に入れよう!

Proスマートセーフとともに、デバイスをロックせずにあらゆる種類のプライベートデータを隠し、保護できます。

プライベートの写真、ビデオ、文書、ノート、連絡先、パスワード、暗証番号、ID、クレジットカードのスキャンを簡単に保護。非公開でウェブ閲覧や写真、ビデオのダウンロードが可能。写真とGPSデータ付きの侵入者情報をメールで受信。他にも多種の機能。スマートセーフProであなたの秘密は誰にも触れられません!

* あなたのプライバシー:
- 暗号化されたAES-256クレジットカードストレージ!
- 暗証番号、ドットロック、数字かアルファベットのパスワードから選択
- フォトライブラリからエクスポートするかオンラインからダウンロードした写真、ビデオをひそかにアプリ内に保存
- 連絡先、メモ、パスワード等のプライベート情報を隠す
- Safariのようなフル機能のプライベートブラウザと、ウエブパスワードキーパー付きのダウンロードマネージャー!

* ファイルマネージャー:
- PC/Macから相互にWiFiファイル転送
- タップ、ホールドでファイルを整理
- スライドショーで写真やビデオを表示
- ファイルをフォルダ、サブフォルダに整理
- 写真とビデオをズーム
- フォトロール、メッセージ、Twitter、メール、プリンターにファイルをエクスポートあるいは送信

* スマートセキュリティ:
- 本物のデータを隠すため、偽の暗証番号を設定
- 対どろぼう侵入レポート:写真とGPSで侵入者を特定!
- 侵入が試みられたら瞬時にメールを受信!(アプリ内課金必要)
- 侵入が試みられるとアイコンバッジでアラート
- DropboxとiCloudサポート

メモ:

- アプリがフォトロール、重要写真、ビデオにアクセスし、また侵入者が侵入を試みている拠点を地図上で記録するためには、位置情報サービスがオンになっている必要があります。
- 侵入者の写真は前面カメラのデバイスのみで可能です。背面写真は他のデバイスで可能です。
- 写真とビデオはフォトロールからのインポートあるいはオンラインからのダウンロードが可能です。
- インポート後、アプリはフォトロールから写真/ビデオを自動的に削除することはできません。手動で行なう必要があります。
- パスワードを必ず覚えるか、メールにコピーを送付しておいてください。忘れても、パスワードを復元することはできません。
- iCloud 設定で、アプリ全体のiCloudバックアップをオンにしておくべきです。

全データはアプリ内に安全に保管され、完全に非公開の状態です。

評価

星:4
レビュー数:300

レビュー

「いい」

「もっと他の動画もダウンロードできるようにして欲しい」

「使い勝手は悪くはない。
欲を言えば、フォルダの中にフォルダを設ける事が出来たら…などの、仕分けや管理方法に改善に期待。
カメラやビデオから直接、取り込めないものかな。」

最近の価格変動

2014年06月10日:0円
2014年02月25日:300円
2014年01月09日:100円
2013年12月30日:200円
2013年12月17日:100円
2013年10月18日:200円
2013年10月14日:170円
2013年10月05日:85円
2013年08月31日:170円
2013年07月20日:85円

無料時のランキング

2014年06月11日00時:56位
2014年06月10日21時:90位

有料時のランキング

2014年05月12日18時:255位
2014年05月12日15時:299位
2014年05月12日12時:285位
2014年05月12日09時:276位
2014年05月12日06時:270位
2014年05月12日03時:258位
2014年03月16日03時:298位
2014年03月12日21時:239位
2014年03月11日21時:261位

No comments yet. Be the first to leave a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


× 六 = 6

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

^